yamada-kikaku’s blog(小説ブログ)

山田企画事務所のペンネーム飛鳥京香の小説ブログです。

ロボサムライ駆ける■第55回■夜叉丸とロセンデール卿の争いの間隙を縫って、足毛布博士は、早乙女モンドの体を復活させようとした。その復活の瞬間、 早乙女モンドの「クサナギの剣」がロセンデール卿の体を。

RSロボサムライ駆ける■「霊戦争」後、機械と自然が調和、人間とロボットが共生。日本・東京島「徳川公国」のロボット侍、早乙女主水が 日本制服をたくらむゲルマン帝国ロセンデールの野望を挫く戦いの記録。
この小説のURL : https://ncode.syosetu.com/n2492db/56/

 

ロボサムライ駆ける■第55回■夜叉丸とロセンデール卿の争いの間隙を縫って、足毛布博士は、早乙女モンドの体を復活させようとした。その復活の瞬間、 早乙女モンドの「クサナギの剣」がロセンデール卿の体を。
 

ロボサムライ駆ける■第55回

作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所

http://www.yamada-kikaku.com/

http://9vae.com

http://visitjapan.info

youtube manga_training

 

■第七章 血闘場(3-2)

「それではお相手申す。ロセンデール卿殿下」

 夜叉丸の姿が急に大きくなったような気がした。

 

「あやつ夜叉丸は、実は霊人間、実体はないのだ。心柱様より遣わされこの落合レイモンが預かった人柱じゃ」

 落合レイモンが小さく呟く。

「ロセンデール卿、もう後がないぞ」

 

 霊人間である心柱の使いでもある夜叉丸が呻いた。

 

「まだまだよな、私は負けるわけにはいかんよ。夜叉丸くん。

我がゲルマン帝国、ルドルフ大帝のためにもね」

 

「さあ、夜叉丸くん、落合レイモン殿を見たまえ」

 

ロセンデール卿の長い演説の間に、落合レイモンをシュトルフがつかまえていたのだ。

 

「夜叉丸くん、君の泣きどころは、落合レイモン殿でしょう」

 

「くそっ、ひきょうだぞ。ロセンデール卿」

 ロセンデール卿がロボサムライ主水の方へ走り込み、倒れている主水の首にサーベルの切っ先をつける。

 

「夜叉丸くん、君のような、化け物は私が相手にするより、他の人間に相手をさせます。わたくしの柄ではないです。その前に、主水君、ねえ。君の生命の流れを止めてあげましょうか。私一人が死ぬ訳にはいきませんからねえ」

 

「やめろ、やめるんだ」

対決の様子を見守る群衆の中から飛び出して来る男がいる。

 

足毛布アシモフ博士だった。

 

見る間に主水の体に取りすがっている。

 

早乙女主水モンドは、、私の。。。息子なのだ。。いや息子以上の存在なのだ」

 先刻とは足毛布アシモフ博士の顔色が変わっている。

 

「助けてくれ、お願いだ。変わりに私を殺せ」

 足毛布博士は、主水の上に覆いかぶさり庇う。ロセンデール卿に対して睨みをきかす。

 

「おやおや、茶番劇のシーンですか?ふふ、美しい親子の愛情ですねえ。ロボットと人間のねえ。だが、足毛布博士、ロボサムライ主水君一人を助けたところで、この世の流れは変わりませんよ」

 ロセンデール卿は二人をコバカにしている様子だ。

 

足毛布博士は、ロセンデール卿の演説のおしゃべりを聞きながら、気付かれぬように、主水の胸のある一点を、指で押していた。

 

嘘のように、主水の意識が急に回復する。

 

主水の渾身の力がみなぎって来る。

 

どうやら、ロセンデール卿の長挨拶のどさくさに紛れて、足毛布博士は主水の体にある、足毛布博士しか知らぬロボット自体の回復スイッチを押したようだ。

 

「足毛布博士、よろしいですか?おどきください。あなたを殺す訳にはいきませんからね。あなた足毛布博士はこれからのヨーロッパ奴隷ロボット制確立にかかせない方ですからね。主水君をここでやれば、しょせん、後の反乱ロボットくんたちは烏合の衆です」

 

「それができるかな、ロセンデール卿殿下」

 

 足毛布博士がにやりと笑い、主水の体から撥ね跳んだ。

 

その瞬間、主水が、手にするクサナギの剣を力強く掴み、すっくと立ち上がっていた。

 

「主水くん、き、君は、、なぜ」

 あまりのことに驚くロセンデール卿。

瞬間、ロセンデール卿に隙が生じる。

 

「と…っ」

 渾身の力を込めて、主水はクサナギの剣を、ロセンデール卿に振り下ろす。

 

クサナギの剣が、ロセンデールの首と胴をみごと切り離していた。

 

鮮血が飛び散る。ロセンデールの赤い血が、古代神殿の祭壇に花のように咲いたのだ。

 

そんなばかなという顔を、ロセンデール卿の体はしてよろけた。

その顔は驚愕の表情だ。

 

ゲルマンの剣はロセンデール卿の手からゆっくり離れ、床に突き刺さる。

 

「ロセンデール卿を、我は仕留めたり」

 主水が叫ぶ。

 

右手高くクサナギの剣が差し上げられている。

 

が、ロセンデールの首が床に落ちる一瞬、それを拾いあげた者がいる。マリアだった。

 

「う…」

人々の間からどよめきが上がる。

 

皆が築かぬ間に爆破されたマリアではなく、マリア=リキュールが復活していた。

 

「マリア=リキュール、お前、まさか、、、流体ロボットか」

 

 主水が信じられないものを見るように言う。

 

(続く)20210707

■ロボサムライ駆ける■第七章 血闘場(3)

作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所

http://www.yamada-kikaku.com/

http://9vae.com

http://visitjapan.info

youtube manga_training