yamada-kikaku’s blog(小説ブログ)

山田企画事務所のペンネーム飛鳥京香の小説ブログです。

源義経黄金伝説■第52回 文治五年(1189)4月30日 奥州、藤原泰衡は、揃う武者共に義経殿を高館を襲えと命令を下した。 2022年02月20日 | 源義経黄金伝説(2022年版)

 
YG源義経黄金伝説■一二世紀日本の三都市(京都、鎌倉、平泉)の物語。平家が滅亡し鎌倉幕府成立、奈良東大寺大仏再建の黄金を求め西行が東北平泉へ。源義経は平泉にて鎌倉を攻めようと
この小説のURL : https://ncode.syosetu.com/n1703dc/51/

 

源義経黄金伝説■第52回 文治五年(1189)4月30日 奥州、藤原泰衡は、揃う武者共に義経殿を高館を襲えと命令を下した。
 

源義経黄金伝説■第52回

作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所

Manga Agency山田企画事務所http://www.yamada-kikaku.com

http://www.yamada-kikaku.com/

yamadakikaku2009-youtube

「もはや、これまでだ。義経殿を高館を襲え」

 文治五年(1189)4月30日 奥州、藤原泰衡は、目の前に揃う武者に命令を下していた。激情で目の前が真っ赤になっているのだ。

奥州藤原の武者たち500騎は「おう」と鬨の声を上げる。

藤原秀衡がなくなりまだ、2年とたたない。泰衡は平泉で兄弟や部下の粛正を

つくかえしている。自分の命令を聞かない部下や弟を亡き者にしていた。

その滅亡へ、自ら進んでいるのだ。

武者は、義経がいる高館を目指して駆け寄ってくる。

高館の物見がきずく。

高館に火矢が打ち込まれる。

泰衡の軍勢は、半刻後、高館を取り囲んでいた。

逃れる道はない。高館へのすべての道は兵で塞がれている。

「高館が、燃え上がっております」

 燃え上がる高館近く、北上川の対岸で、西行と静が二人していた。

「くそ、まにあわかたか。静殿、残念だ」

「静殿、義経殿にあのこと伝えてられよ。聞こえるかも知れぬ」

西行は静を促した。

「殿、和子は生きておわす」

遠くから、静は義経に呼びかける。聞こえているのかいないのか義経の姿は望

見できない。

「殿、わ、和子は…大江広元様のご慈悲で生きておわす。和子の命、お守りくださると約定いただきました。これは政子様も、ご承知になられております」

義経の姿が見えたような気がした。

静の姿にゆっくりうなずき、炎の中に入って行った。

 火の手が高館すべてにまわっている。

 外から呆然と見上げる西行と静。

「さあ、もうよかろうぞ」

義経さま……」

静は、高殿の方へ声を限りに叫んでいる。

高館の中、

「もはや、これまでか」

義経はうめいている。

義経様、どうぞ、ご準備のほうを」

 東大寺闇法師、十蔵が、義経そっくりの顔で言う。

十蔵は西行の命令で、この地にいるのだ。

「十蔵、私だけが助かる訳にはいかん。

私を信じてついてきてくれた郎党たちも、助けてくれ」

義経様、それは無理というもの」

 義経の回りには、弁慶始め郎党たちが、取り囲んでいる。

皆、覚悟を決めているのだ。

「どうぞ義経様、お逃げくだされ。我々はここで討ち死にし申す」

弁慶が涙ながらに言う。

「そうです。それが日の本のため」

他の郎党も続けた。

「どうか頼朝殿への無念をはらされよ」

「弁慶、自分だけいい子になるなよ」

「よろしいですか。義経様は我々の宝。

いえ、この日本の黄金じゃ、どうか生き延びてくだされ」

「武者は戦場で死ぬものでございます。我々、義経様のために死ぬこと、恐れ

ませぬ。むしろ誇りに思います」

「我々は、平氏との、幾たりかの、戦いを、楽しませていただきました」

「武勇こそ武士の誇り]

義経様…」

「俺は良き友を持った」

義経のほおを、滂沱の涙がしたたりおちている。

義経は、その涙を拭おうともしない。

「友ですと。我々郎党をそのように…」

 義経の郎党、全員が義経をとりかこみ泣いている。

皆、胸に込み上げて来るものがあるのだ。

 弁慶は思った。

これは愛かもしれんな。

衆道ではない。仏門で、衆道は当たり前だが、俺の義経様への思いは、やはり愛だろう。

そうでなければ、もともと俺は後白河上皇様の闇法師だ。

鎌倉殿の情報を取り入れがために、義経様に近づいた。

 弁慶は不思議に思った。

そして時折、後白河法皇の憂鬱げな顔を思い出していた。

弁慶を見る法皇のまなざしには何かがあった。

家族愛、不思議な感覚であった。

弁慶は、また、一個の後白河法皇の闇法師、いわば法皇の捨てゴ

マだった、その男に対し法皇のまなざしは何かを告げようとしていた。

法皇は、今でもまだ、白拍子を呼んで、今様いまようを口ずさんでおられるのだろうか。弁慶は遠く、京都にいる法皇を思った。

「泣いている暇など、ございません。早くお逃げくだされい」

東大寺闇法師、十蔵が促す。感傷に冷や水をかける。

「何じゃと、人間の感情がわからぬ奴だのう、お主は」

 弁慶が涙で目を一杯にしながら、十蔵にけちをつける。

「弁慶殿、俺らが東大寺闇法師の命は、目的のために捨てるのが定法。

今がその時。一刻も猶予はならんのだ」

「十蔵殿…」

 義経が十蔵の肩に手を乗せた。

「済まぬ。私がごときのためにのう。おぬしの命を捨ててくれるのか」

「何をおっしゃいます。奴輩は、炎の中で死ぬが本望。先に東大寺での戦で、

多くの部下を殺しておりまする。また目的に死ぬこと、東大寺の闇法師として

恐れはいたしませぬ」

「すまぬ。許せ。皆、さらばだ」

 義経は、高殿地下につくられた坑道から消える。

十蔵が支度し、施工した坑道であった。

東大寺勧進職である、重源殿の絵図、役に立ったな」

弁慶がひとりごちた。

 やがて平泉、北上川を見下ろす、北政庁北西の小高い丘にある高館に、藤原泰

衡の軍勢がわれさきになだれこんできた。

「お主ら、ここから先は地獄ぞ。わしが閻魔大王ぞ」

弁慶が叫ぶ。

 その弁慶めがけ、数十本の矢が打ち込まれていた。

 弁慶は一瞬、たじろぐが、再びからだを動かし

「ぐっ、これは、これは、泰衡殿の武者もなかなかのもの、決して平家の武者どもにひけはとらねのう」

矢羽を片手つかみで、みづからの体から、引き抜きながら、

弁慶は泰衡の兵に打ちかかっていく。

「こやつは化け物か」

泰衡の兵共がその生命力に驚いている。

西行と静は、まだ対岸にいた。

静は、うなだれている。

「静殿、さあ、今上の別れだ。一節、薄墨の笛を吹いてくださらぬか」

西行様、酷なことをおっしゃいます。それに果たして、義経様に聞こえるか

どうか」

「何をいわれる。静殿の義経殿への愛の証し、ここで遂げられよ。

義経殿の冥途への旅に、趣向をなされ。それが、静殿のお持ちの源氏ゆかりの薄墨の笛だ」

 西行文人、しきしま道の主導者であった。

この殺戮の場においても、文学者的な演出を試みる。

それが、静には奇妙に思われる。この方西行様は何をお思いなのかか。

「薄墨の笛」

これは代々源氏の長者に受け継がれる、鋭い音色の出る笛、竜笛である。

昔から、中国では竜の声として言われているのである。

 静は、この笛を、吉野で義経と別れた時にもらっている。太郎左たちに襲わ

れたときも肌身離さず持ち歩いていたのである。

「よいか、静殿、最後の別れ。一節吹かれよ」

西行は、静に命令している。

西行様は、酷なことを、、」

「静殿、義経殿への想いを、この場でされよ…、義経殿とは、もう二度とはこの世の中で会えぬ。別れを惜しまれよ」

 静は、涙ながら笛を手にした。

 高館の火の手は、一層燃え上がっている。

 炎を背景に、笛を吹く静の姿は、妖艶であった。

静の目の色は、今や狂人のそれである。悲しい音色が、いくさ場の中で、旋律を響かせている。

『十蔵殿、頼んだぞ。このあいだに義経殿は、お逃げくだされい』

 西行は心の中で叫んでいた。静には義経が逃げる事は教えていない。

時間稼ぎの目くらましに、静を使おうとしていた。

「ああ、義経様」

演奏の途中で、静は崩れ落ちる。秘笛は川原にころがりおつる。

 西行は、静を抱き起こし姿を消そうとした。

藤原泰衡の軍勢が、北上川対岸にいる、西行と静に気づき、こちらにむかって

きたからである。

東大寺闇法師、十蔵は、高殿の炎の中、僧兵の雄叫びを聞いたような気がした。

ここが死に場所。平泉、高館。そして義経殿の身代わり。

何とよい死に場所を、仏は与えてくれたものか。東大寺の大仏を焼いてしもう

た心残り、部下の僧兵たちを助けられなかった責は、これで少しは心がやすんじられよう。

悪僧(僧兵)の頃に、心は戻っていた。紅蓮の炎を見ながら、十蔵は思った。

心は、その時に舞い戻っている。

奈良猿沢の池のまわりに、僧兵の首のない死体がごろごろ転がり、地面を流れ

た血糊が、地を、どす赤黒く染めあげている。

東大寺興福寺の伽藍の燃え上がる紅蓮の炎は、火の粉を散らせる。死体を

くすぶらせる煙が舞っている。えもいわれぬ臭みが、辺りを覆っていた。空は

昼というのに、炎のため浅黒く染まって見える。

あちこちの地面に差し込まれた棒杭の先には、平家の郎党に仕置きされた僧

兵の首がずらりと無念の形相を露にしていた。

ここが死に場所、熱さが十蔵の意識をおそう。

紅蓮の炎が重蔵の体をなめ尽くした。

東大寺闇法師、十蔵の体は、義経として滅びた。

(続く)

●山田企画事務所

Manga Agency山田企画事務所 http://www.yamada-kikaku.com

http://www.yamada-kikaku.com/

yamadakikaku2009-youtube