yamada-kikaku’s blog(小説ブログ)

山田企画事務所のペンネーム飛鳥京香の小説ブログです。

夢王たちの宴■第21回ついに生物楽器ビブラフオーン・コンテストの日が。 [大教界]に、「移動宮殿フォトン」が来て。大導師デルガをたたえる声が、 渓谷の壁に反響し大きくなる。

K夢王たちの饗宴--(ドリームドラッグ・ウオーの跡)夢世界の入り組んだ異世界、最高の夢王は、だれなのか? なぜ、この夢世界はできたのか?ドリームドラッグ・ウオーとは?
この小説のURL : https://ncode.syosetu.com/n7285dc/21/

夢王たちの宴■第21回ついに生物楽器ビブラフオーン・コンテストの日が。 [大教界]に、「移動宮殿フォトン」が来て。大導師デルガをたたえる声が、 渓谷の壁に反響し大きくなる。
 

夢王たちの宴ードラッグ戦争の痕でー■第21回

作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所

http://www.yamada-kikaku.com/ yamadakikaku2009ーyoutube

■第21回■

ビブラフオーン・コンテストの日がやってきた。空は天頂まで晴れ上っている。

大教界に、その日移動して来ていた移動宮殿フォトン

そのまわりに仮設された舞台には、ひとだかりができていた。

 「デルガ、デルガ」

と大導師デルガをたたえる声が、渓谷にある大教界の壁に反響し、

段々と大きくなっていく。

「どうだな。私の人気の程は?」

デルガが、となりにいる道化師マリクに聞く。デルガはこころなしか

疲れているようだった。

「宣伝が効いたようです。これで、このビブラフオーンコンテストが成功すれば、デルガ様の

導師としての地位は磐石たるものになるでしょう」

「ふふ、君もそう思うか、朕もそう思うぞ。かわゆいい事をいうのを、道化師マリク、君の地位も朕に相応して同じく磐石となろう」

「ありがとうございます、デルガ大導師。未来への階段が今そこに

ございます。どうぞ、のぼらせたまえ」

「それでは、愚民なるゴルゴダシテイの民ばらの前に我姿をあらわそうぞ」

フオトンの壁の一部が開き、仮説コンテスト会場に階段がつながっていく。

観客のどよめきがおこる。

デルガは、舞台バルコニーに身を乗り出し、群衆にむかってはなした。

 「ゴルゴダシテイの賢人諸君、よく集まってくれました。

ここ、聖なる「大赦界」渓谷の場所を借りて、私神のご加護を受けた「ゴルゴダシテイ」聖なる大導師、デルガはゴルゴダシテイの賢人を代表してビブラフォーンコンテヌトの開催を宣言するものである。

賢人諸君楽しまれよ。

ビブラフォーンの神なる調べを聴き、こよいのひととき、酔いしれられよ」

 拍手が小さくおこり、それは拍手の嵐となり渓谷に響き渡る。

ビブラフォーンに対するゴルゴダシテイ住民の期待が、極度に大きいのだ。

デルガは続けた。

「今年も、多くのビブラフォーンプレイヤーが、他の都市から我々ゴルゴダシテイのために

参加してきてくれている。我々ゴルゴダシティの人間を楽しませてくれる

ために、はるばる参加してくれたのだ。

感謝とねぎらいの拍手を、彼らに与えられよ」

 拍手が一段と大きくなる。フオトンから壁が舞台へせり出してくる。

昆虫の標本箱の大型に見える。しかしそれは、プレイヤー達が壁に虫ピンでとめられ

たようにとりついている。

そんな壁が、舞台の上に迫りよってきた。

 もちろん、ジェイもいた。その他の多くのプレイヤーは、デルガが命

令したプレイヤー狩りでつかまった人達なのだ。

バイブレーターの「ハーン」、ハートブレーカーの「ムスカ」、クラッシャーの「プラス」の3人組の姿もその中にあった。

 観客たちも、もちろんビブラフォーンのプレイヤー達全員が喜ん

で、プレイするとは思ってはいない、

「ブレイヤー狩り」の事は知って

いた。知っていなから、自分達がプレイヤーにならなかった安堵感

もあり、よけいにビブラフォーンが作りあげる「感覚世界」への期待に

胸おどらせている。

歓喜の声が、ビブラフォーン演奏の前からあちこちで

上がり始める。

(続く)

1975年作品 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所

●how to draw manga ●manga-training

http://www.yamada-kikaku.com/ yamadakikaku2009ーyoutube